必須脂肪酸

MENU

私達人間の健康増進・管理に欠かすことができない必須脂肪酸

ゴマを構成している成分とされているゴマリグナンの中に存在する栄養素がセサミンです。

 

このセサミンは、身体の全組織で生まれる活性酸素を制御する効果があるとされています。

 

セサミンというものは、ゴマに入っている栄養成分の1つなのですが、1粒中に僅か1%未満しかないので、満足できる効果を得たいという場合は、ゴマを食べるのも良いですが、サプリも活用すべきです。

 

EPAを身体内に摂り入れますと、血小板が結集しづらくなり、血液の循環が良くなります。

 

簡単に言うと、血液が血管で詰まる可能性が低くなるということです。

 

今の社会はストレスも多く、それが災いして活性酸素も多量に生じてしまうことになり、全細胞が錆び付きやすい状態になっているわけです。

 

これを防止してくれるのがコエンザイムQ10だと聞いています。

 

1つの錠剤の中に、ビタミンを複数取り入れたものがマルチビタミンですが、バラエティーに富んだビタミンを手間いらずで摂ることが可能だということで、利用者が急増中です。

 

身体の中のコンドロイチンは、年を取るにつれて知らぬ間に少なくなってしまいますその為に関節の軟骨も減少することになって、膝などに痛みを抱えるようになるのです。

 

生活習慣病の素因だと言われているのが、タンパク質等と一体化し「リポタンパク質」となって血液中に存在するコレステロールなのです。

 

DHAであったりEPAが摂取できるサプリメントは、本来ならお薬と組み合わせて摂り込んでも異常を来すようなことはありませんが、可能であれば顔見知りの医者に確かめる方がいいのではないでしょうか。

 

魚にある我々にとって嬉しい栄養成分がEPAとDHAとなります。

 

この2種類の栄養成分は脂ですが、生活習慣病を防止するとか恢復させることができるなど、我々にとりましては不可欠な栄養成分であるのです。

 

グルコサミンは、本来の働きをしなくなった関節軟骨を快復させるのは勿論、骨を生成する軟骨芽細胞そのものの働きを向上させて、軟骨を強くする作用もあります。

 

コエンザイムQ10に関しましては、体の色んな部分で細胞の退化を遅らせたり、細胞が負った損傷を補修するのに寄与してくれる成分ですが、食事で間に合わせることは不可能に近いとのことです。

 

基本的には、生命維持の為に絶対必要なものではあるのですが、気の向くままに食べ物をお腹に入れることができてしまう現代は、そのしわ寄せとして中性脂肪が蓄積された状態になってしまうのです。

 

コレステロールと呼ばれているものは、身体に必須とされる脂質だと言明できますが、必要以上になりますと血管壁に堆積する形となり、動脈硬化を招く結果となります。

 

私達人間の健康増進・管理に欠かすことができない必須脂肪酸とされるEPAとDHA。

 

これら2つの成分を多量に含む青魚を連日食べていただきたいのですが、食の欧米化などの影響で、魚を食べる機会が、残念なことに減少してきているとのことです。

 

生活習慣病というのは、痛みを始めとした症状が出ないことの方が多く、何年もの時間を掛けて次第に酷くなっていきますので、医者にかかった時には「お手上げ状態!」ということがほとんどだとも聞きます。